モビットの審査について知ろう

消費者金融を利用するには、審査に合格しなければいけません。
中には「無審査でお貸しします」といった宣伝を掲げている金融業者も存在していますが、このような甘い誘いに乗ってはいけません。

 

融資を受けるかわりに、法外な利息や手数料を請求されることになります。
暴力団関係者が出入りしている「ヤミ金」である可能性が高いので、絶対に関係を持たないようにしましょう。

 

消費者金融の審査基準は、各社異なっており一般的には公表されていません。
万が一審査に不合格となった場合でも、単に「当社の審査基準に合格できませんでした」と通知されるだけです。

 

何故不合格になったのかという明確な理由を示されることはありません。

 

しかし審査の目的が「利用者の返済能力の判断」にある以上、ある程度の推測を行うことは可能でしょう。
審査項目において自分の問題点が把握できていれば、審査に対応することも不可能ではありません。

 

モビットの商品案内などには、利用条件として以下のように述べられています。

 

  • 満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
  • アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です

勤務形態を問わず、安定した収入があればアルバイトやパートの方でも利用できるということになります。
ここで気になるには「当社基準」という文言でしょう。

 

原則非公開にある「当社基準」ですが、消費者金融の一般的な審査基準を把握しておくことである程度想像することも可能でしょう。
モビットの申し込みでは、次のような項目を申告することになります。

 

  • 年齢
  • 職業
  • 勤務年数
  • 年収
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 健康保険の種類
  • 他社の借入状況

簡単にいえばこれらの項目が、審査で判断される項目であるといえます。
この項目のことを「属性」と呼ぶこともあります。

 

モビットを含めた消費者金融では、この「属性」を点数化=スコアリングすることで返済能力を判断しています。
各属性を10段階に点数化し、総合点数の合計で審査の可否を判断しているのです。

 

次のような点数の評価を参考にしておきましょう。

 

  • 勤続年数は長いほど高得点
  • 国民健康保険より社会保険に加入してると高得点
  • 賃貸より持家が高得点、賃貸の場合は居住年数が長いほど高得点

返済に対するリスクが少ないほど高得点を得ることができ、審査にも合格しやすくなるということです。
ただし、モビットでは「勤続年数が1年以上ないと合格しにくい」といわれており、この点は注意が必要かもしれません。

 

各属性を急に好転することは難しいでしょう。
そこでできるだけ審査に不合格にならないように注意するポイントを2点挙げてみましょう。

 

申込書が正確かどうか

何とかして審査に合格したいあまり、申込内容を偽って記入してしまうこともあります。
収入や年齢、職業などを偽っても、後で必ずばれることになります。

 

嘘をつく方に対して安心してお金を貸すことができるでしょうか。
また誤字・脱字にも注意しましょう。

 

記述自体が間違っていると、審査を進めることができません。
結果不合格と判断されることにつながりますので、申込書は正確に記入するようにしましょう。

 

担当者との対応に注意

最低限の言葉づかい、マナーを守ることにも注意しましょう。
声を荒げるような対応は、担当者の印象も悪くします。

 

担当者も人間ですので、印象の悪さが審査に悪影響を与えることもあるでしょう。
いくら属性がよくても、審査に不利に働きますので注意しましょう。